ドリルを買うくらいならIKEAに行け

ホームページ制作 千葉 東京トップ > 企業情報 > ドリルを買うくらいならIKEAに行け

ドリルを買うくらいならIKEAに行け

MESSAGE

もしもあなたが、 穴をあけるためにドリルを買いたい、と思ったとしても、 ひょっとすると穴もドリルも必要ないかもしれません。

そんなふうに考え方をシフトさせると、まったく異なる 優れた解決策が見えてきます。

『どんなドリルが欲しいですか?』に “気付き” はない

ドリルを買いに来る人ってどんな人でしょうか。
たぶん、こんな人だと思うんです。

『今、自分が抱える問題を解決するために必要なのはドリルであり、問題はどのドリルを選ぶかだ』

ドリルと穴のイメージ画像

そんな思いをお持ちのお客様から

「ドリルをください」

とご依頼いただいた時、

「どんなドリルがよろしいですか?」

と答える会社になりたくないと思っています。
できることなら、

「どんな穴を開けたいんですか?」

あるいは、

「どこに開けたいんですか?」

「ドリルで何をされたいんですか?」

と質問できる会社でありたいと思います。

「どんなドリルを?」

とお聞きすれば、お客様からは、

「軽くて、安くて、、、」

といった答えしか引き出せません。
でも、

穴のイメージ画像

「どんな穴を? どこに?」

あるいは、

「ドリルで何を?」

と問われたお客様からは、

「壁に小さな棚を作るために」

とか、

「自分で机を作るために」

といった答えが返ってきます。
そうすると、こちらからは、

「ドリルでなくてももっと簡単に穴を開ける道具がありますよ」

と別の方法を奨められるかもしれませんし、そもそも、

「穴なんか開けなくても、こういう仕組みもありますよ」

と新たな提案ができるかもしれません。

ここまでのお話は、

『ドリルを売るには穴を売れ』

というマーケティングの本に書かれています。

ただ、チームデルタでは、このお話をもっと進めたいと考えています。

ドリルは穴を開ける道具。
お客様が本当に必要としているのは穴・・
ではなく、穴を使ってする何か、です。

もしも、その何かを提供することができれば、「ドリル」も「穴」もいらないんです。

場合によっては、お客様はご自身の手で何もしなくても、既にできあがった製品が望ましいかもしれません。

ご自身で工作するのが本来の目的であれば、工作キットという選択もあるかもしれません。

そうなると・・
もう、これはドリルや穴の話ではなく、それこそ道具から完成品、はたまたキット製品まで揃っている、IKEAのような超大型店舗で一番お客様に見合ったものをお買いになるのが一番の選択とお奨めしたい。

『ドリルを買うくらいならIKEAに行け』

当社では、お客様が抱える、

『たった今、目の前に見える問題』

の解決だけに目を向けるのではなく、

  • 『本質的な課題が何なのか』
  • 『お客様の本質的な要求は何なのか』

を、お客様からもたらされる情報を基に、探求し、高い次元での提案を志したいと考えています。

「セールス」と「コンサルティング」の違い

セールストークとコンサルティングインタビューは、

「お客様に何かを提供すること」

において基本的に変わるところはありません。
しかし、

「とにかくドリルを売りたい、ドリルが売れさえすればいい」

という営業には、

「ドリルじゃなくても穴は開けられます。
そもそも穴を開けなくてもいいかもしれません」

もしくは

「IKEAには完成品もキット製品もありますよ」

という提案はできません。

ドリルが売れずとも、そのときの利益は得られなくとも、優れた提案をお出しすることでお客様との信頼関係を築くことができれば、それが何よりも利益につながる、と当社は考えます。

『言葉や見た目のその向こうにあるもの、裏側にひそむ本質的な課題に目を向け、クライアントの ”真のニーズ” をイメージする』

そんな会社で有り続けたいと思っています。

株式会社チームデルタ
代表取締役 谷口 浩一

次はあなたの番です。

tel:0432932816

平日10:00〜12:00 13:00〜18:00 土日、祝祭日は定休日